もうすぐ終わる牡蠣シーズン!春の無人島・田島の楽しみ方【牡蠣焼き編】

 

少しずつ春の兆しを感じる今日この頃。春休みのお出かけの予定はお決まりですか?

今回は春の無人島・田島の楽しみ方として、シーズンも残りわずかな「牡蠣焼き」を紹介します!

ぜひ無人島・田島でひと味違った牡蠣焼きをお楽しみください。

 

 

新鮮で美味しい地元・大村湾の牡蠣を買うならココ!

 

まずは、無人島・田島周辺で牡蠣を購入できる直売所を紹介します。

どのお店も国道206号線沿いにあるので田島に来る途中にあります。

新鮮で美味しい地元・大村湾産の牡蠣を堪能ください。

 

1.竹の家

 


竹炭をつかった製品が豊富です。

長崎県西海市西彼町白似田郷1877-7

http://takenoya-nagasaki.com/

 

2.ふれあいの里 清水

 


お店で手造りの豆腐がおすすめです。

長崎県西海市西彼町上岳郷1301-1

http://www.pref.nagasaki.jp/tisan/shop/detail.php?id=205

 

3.西彼とれたて処

 


大村湾でとれた魚介類が豊富です。

長崎県西彼杵郡西彼町上岳郷1297-1

http://www.hosei-estate.com/toretate/

 

牡蠣焼きを更に美味しくするマストアイテムはコレ!

 

牡蠣焼きはそのままでも十分に美味しいですが、もっと美味しく食べるためにオススメするアイテムはコチラです。

 

1.橙(だいだい)

 

通常、レモンをかける所が多いですが、より美味しいのは「橙(だいだい)」です。

レモンほど酸っぱさはなく、ほどよい酸味と柑橘系のフルーティーな香りが、驚くほどマッチします。地元の漁師さんに教えて頂いたオススメです。

 

2.チーズ

 

焼きあがった牡蠣に、ピザ用のチーズをトッピングするだけで今まで食べたことのない洋風の牡蠣を堪能できます。チーズのコクと牡蠣の磯の香りがやみつきになります。チーズ好きにはたまらない一品です。

 

牡蠣を美味しく焼くための3つのコツ

 

地元の漁師さんから伝授して頂いた、牡蠣の美味しい焼き方を紹介します。

 

1.平らな方を下に焼く

 

はじめは牡蠣殻の平らな方を下にして焼きます。そうすることで、貝柱が外れ食べやすくなります。

 

2.表面が乾いてきたら丸い方を下に焼く

 

平らな方を下にして3〜5分で表面の水分が乾いてきます。水分が乾いたら牡蠣殻の丸い方を下にして焼きます。

 

3.フタが開いたらフタを外す

 

火加減にもよりますが、3〜5分ほどすると牡蠣がパカっと開きます。牡蠣が開いたら、フタを外してください。その際、牡蠣の水分がこぼれますので火傷には十分に注意してください。

 

 

牡蠣が焼きあがったらお好みのトッピングでお召し上がりください。

※生焼け過ぎると食あたりの危険がございますので、十分にご注意ください。

 

牡蠣のシーズンは3月まで!

 

牡蠣のシーズンは3月までとなっております!

春休みの思い出づくりに。無人島・田島でひと味違ったかき焼きはいかかでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です