星空写真Camp in「田島」講師紹介

SKMBT_C224e14120614140_0001

星空写真Camp in「田島」の講師をしていただく写真家 山頭範之(やまがしらのりゆき)さんの紹介です。

1974年生まれの長崎県出身
(お母さんは田島のある亀浦郷出身。おばあちゃんは昔、田島で暮らしていたこともあると聞いて驚きました)
北海道の大学入学後、インドへ初の海外旅行
大学3年の時、1年間アジア放浪の旅を上海から始めました。
大学休学中の2001年、米中枢同時テロが起き、米軍によるアフガニスタン空爆が行われた直後、パキスタン、アフガニスタンに入り戦時下の民衆の姿を撮影します。「今」を記録し、伝えなければという思いから撮影した写真「October7-アフガニスタンの歌-」が土門拳文化賞を受賞。
2003年にはイラク戦争終結後のバグダッドに入り3か月にわたり現地の情報を発信し続けました。
サッカーJ2 V・ファーレン長崎を撮りつづける一方、長崎市と上海に拠点を置き、国内外での取材作品を季刊誌「樂」に掲載するなど活躍されています。

こんな山頭さんと一緒に写真を撮影できる星空写真Camp in「田島」に是非、皆さんご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です